2月20日:メール再構築で消えたデータの復旧方法2022年02月25日 23時07分09秒

macOSを10.13から10.15にアップデートするため、バックアップ関係の作業を始めようと、(バージョンをそろえる目的の)先方の会社からもらった説明書き見ながらメーラーの「再構築」とか言うのをやったら、何故か2021年8月以降の受信データが突然消えた!
パニック!
とりあえず奥さんの「メールサーバには半年分くらいメールデータは残っているはずなので、
https://usagidaioh.exblog.jp/16161437/
のページに書いてある

>そこでWEBを検索してみると、
>>以下のディレクトリ
>> ユーザ/ユーザ名/ライブラリ/Mail/該当アカウントフォルダ/
>>にある「 MessageUidsAlreadyDownloaded 」というファイルを一時的に
>>別の場所に退避させるとサーバー上に残っているメールが再度受信される
>ということでした。

を参考にしてみれば」

助言もあり、「MessageUidsAlreadyDownloaded」のファイルをデスクトップに移動させ、メーラーを再度立ち上げメール受信してみる。
そしたらメールサーバに残ってた2021年12月以降のメールの再受信はなんとか確保。消えてる受信メールはまだたくさんあるけど、当面2ヶ月半の分が確保出来たのでとりあえず人心地。

余談ですが、これはアレですね、その昔漢字Talk7.5とかの時代にillustrator5.5の調子が悪い時に「初期設定ファイル」を外して(消して)しまえば、アプリ起動時に新しい「初期設定ファイル」を作るので不具合が直りますよ。というのと同じアレですね!
「MessageUidsAlreadyDownloaded」は多分“この日からこの日までダウンロード済みですよ”という内容のファイルなので、外してしまえば未ダウンロード分をダウンロードしたことで同じファイルが作られる。ということなのでしょう。
未だ漢字Talk7.5時代と同じコトをやっているとは!


んでもって完全修復を目的に検索かけまくるも、timemachine使ってれば復旧はかんたんとかいう記事ばかり見掛けるけど、なんかやってもやっても全然上手く行かない!

結局は
https://www.imobie.jp/iphone-tips/backup-mac-mails.htm

「Macのメールのバックアップを復元する方法」のやり方に沿って、

ようやく、メーラーの「ファイル」>「メールボックスを読み込む」からtimemachineのHDの中を階層掘って欲しい日付の保存バージョンの中の「ライブラリ」>「mail」>「V5」を選択すれば良さそう。
いうとこまでたどり着いた。
(ここのページの説明、「Apple Mail」にチェック入れた先に出てくる、読み込み先フォルダの指示が飛んでるので、わかり辛いんですよ(写真))

が、こいつの実行がめちゃくちゃ重く、1時間かけても終わる気配なし。
ホントに正しいリカバリが出来ているのか不安でしょうがない。

てか、OSのアップデートにいったいいつになったらたどり着けるのかー!

とかやってたら1時間半くらいで読み込み終了!

とりあえず消えた受信メールデータは復活出来たっぽいけど、別フォルダとしてまとめて復活してるので、再度整理は必要。めんどくせー。
ただ、予想外の効果として、
前の0S10.6のmacPROのメールデータを移行させようとして失敗して、データはあるのにメーラーには表示出来て無かったデータが復活しました!
OS10.13には2018年からのメールデータしか無かったのに2009年からのメールデータが読めるようになりました。
これはラッキー。

『GレコIII』と「ゲッター原画展」観に行きました(1)2021年07月28日 23時02分44秒

22日からの4連休が明けたくらいで『GレコIII』と「ゲッター原画展」観に行こうとしてたら腰痛がひどくなって動けませんでした。
仕事も全然入ってこないわ、ヒマなのに観にも行けないわでかなり鬱っぽくなっていましたが、ようやく動けそうな気配になったので今日行ってきましたよ
『GのレコンギスタIII』と「ゲッターロボサーガ原画展」に!

『GレコIII』良かった!
『I』と『II』は劇場では観れなかったのでBlu-ray買って観てるのですが、『GレコIII』は劇場で観る価値あり!
新規カットと思えるザンクト・ポルトの全景やモビルスーツとの対比のスケール感がマシマシで大画面に映える!
こんなに凄く描けるなら何で全編完全劇場新作じゃないのよ!と嘆きたくなるくらい。
もう、嘆かせて。だってあんなにTVシリーズとは思えないクオリティで描かれていたハズのTVパートが見劣りするんですよ。
そういう意味ではファーストから続く正統な劇場用再編集映画な『ガンダム』である『GのレコンギスタIII』です。
ある意味、呪いですね。
入場者サービスでクリアファイルもらいました。
わーい。今回はもらえたー。


そのあと「ゲッターロボサーガ原画展」観に行きました。
内容は『ゲッターロボ アーク』の原画をベースに石川賢先生のゲッターロボの原画全般。近年の永井豪先生のゲッターロボ原画もありました。
個人的には「ゲッター・最後の戦い!5」の扉絵の原画が見れたのが良かった! カッコいいんだコレ!
石川賢先生最高!
グッズはポストカードとアクリルキーホルダーを購入。アクキーは買うつもりは無かったのに、こういう現場行っちゃうとついつい買う物を増やしてしまいます。

実は半券を捨ててしまってから欲しくなった劇場限定版Blu-ray入手のために、『閃光のハサウェイ』をもう1回観ようかな?とも思っていたけど、タイミングが合わずに断念。コロナ禍の緊急事態宣言下でなかったらきっと観てました。
もう『閃ハサ』のBlu-rayは市販版まで待ちかなぁ。

MX4D映画『とびだせ!ならせ!PUIPUIモルカー』2021年07月24日 14時25分46秒

昨日はMX4Dの映画『とびだせ!ならせ!PUIPUIモルカー』を奥さんと観に行きました。
入場者特典のモルカーボールは私がシロモちゃんで奥さんがチョコちゃん。
コロナ禍なので発声可能上映会が不可能な代わりに企画されたであろう、握るとPUIPUI音が出るモルカーボールのプイプイ可能上映会。
このモルカーボールのプイプイ鳴らす一体感が良かった。
発声可能上映会より良かったんじゃないかな。
最初はみんな適当にプイプイ鳴らしてたのが、終盤の「すべってサプライズ」の頃になるとみんな慣れてきて鳴らすリズムがぴったりそろう快感。
セッションしてるみたいですよ。
「セッションセッション!((c)篠原ともえ)」
つむぎちゃん登場のシーンではみんな「おおっ!ご先祖さまー!」とばかりにプイプイ鳴らしまくりの一体感は良かったです。

MX4Dも初体験だったのですが、揺れや風や足元のギミックは結構良かったです。光はそれほど効果的ではなかったかな?まぁ光り過ぎると画面が見えなくなっちゃうか。
水(ミスト)は結構掛かってくる感じ。位置が悪いと耳に入って来そうなくらいなのが気になりました。
最初に位置決めのテストをさせて欲しい。


初めて府中に行ったので、観光気分でたまたま大國魂神社を参拝したのですが、次の日の五輪の自転車ロードレースで大國魂神社の参道がコースになっててびっくりしました。

『ダムA』の『閃ハサ』付録2021年06月27日 17時26分55秒

『閃光のハサウェイ』の映画パンフレットがあまりにも専門的でスタイリッシュ過ぎたので、付録目的で『月刊ガンダムエース8月号』買った。
そうそう、この程度のものが欲しかったのよ。『ダムA』買ったの久し振り。
付録の公式ブックレットは、正確にはもう少しだけ対象年齢層を上げて欲しかったが、それはまぁ言いますまい(言ってる)。
長谷川裕一の『クロスボーン・ガンダムX-11』の新連載第1話も載ってたので「買い」的には文句無し。
……だけど、何で私は『ダムA』を常に買わないのか、今回買ってみてわかった。
自分の性癖をあらわにした同人誌を読んでるみたいな気恥ずかしさがあるからだ。
多分各個の作品単独でならそれぞれ楽しく読めると思うのだけど、こうまとまってしまうと、何とも……
とは言え掲載誌が存在しないと連載も無くなってしまうので『クロボンX-11』が終わるまでは、いやさらにその次回作が載るためにも、ぜひ息の長い雑誌であってください。

『閃光のハサウェイ』観てきました2021年06月24日 01時13分47秒

『閃光のハサウェイ』観てきました。
すげー良かった!劇場で観るべき作品!!
やっぱアレですね、コロナ自粛やなんやらで精神的に追い詰められてたのが『閃ハサ』観に行って凄くよくわかりました。
とにかく外に出て、映画観に行くとか、ライブ観に行くとか、大事! 
抑圧されてたものが開放された感あります。
コロナで三度も上映延期させられた『閃ハサ』で意趣返しが出来たというのも、なかなかに爽快じゃありませんか!

『閃光のハサウェイ』感想。ネタバレはしてないつもり。
富野信者の私が言うのも何ですが、『閃ハサ』は富野監督が監督しなくてよかったと思う。
多分ファースト『ガンダム』を観て好きになった人の大半が思ったであろう「オレ(わたし)の観たいもっと本当にリアルな富野ガンダム作品」がここにあります(←私の主観です)。
富野監督だったら、絶対こんな風には撮ってくれないもん。
もっとこう、演劇的(舞台的では無い)な方向での生々しい客観性を持った演出になると思う(ぶっちゃけ『Gのレコンギスタ』のことを言ってると思ってください/『Gレコ』大好きですよ)。
『閃ハサ』の村瀬修功監督はその辺りをクールに現代風に演出しているので割り切り方がいい。
(クールさの方向性的には神山健治監督の『攻殻機動隊』とかの方向)
でも原作は富野由悠季が手がける小説なので、富野の幅から外れることが無いという安心感。というか富野の幅から外れない作りの安心感。
いや、良かったです。
劇場用オリジナル作品という意味でも、三部作全部、劇場で観たくなりました。

内容の感想を言えば、ギギが良かった。
個人的にはクエスの不思議ちゃんの描き方にあまり合点がいって無かったので、ギギのように描いてくれれば不思議ちゃんもわかりが良いのかと感心した。
(まぁクエスが描かれたのも33年前なので、そんな昔に不思議ちゃんを描こうとした着眼点こそ讃えるべきで)
あと、どこかで読んだ感想で「ハサウェイも食べ歩きしてくれればよかったのに」とあって、あのシーンは私も観ててそう思ったけど、ハサウェイは菜食主義者なのでは?と思えるカットもあったので(ハサとギギとケネスが食堂に居たシーンでハサウェイはサラダだけしか食べてなかったような……あれ?でも爆撃の晩を一人で食べてた時は色んなおかずも食べてたっけ?)、その神経質さを表現するためにもあえて食べ歩きをさせなかったのだろうなぁと思いました。

『閃ハサ』は小説が出た当時に読んで、内容をほぼ忘れていましたが、こうして映画を観ると思い出すものだなぁ。1回観ただけでストーリーがちゃんと理解出来ました。ガンダムなのに(笑)。

-------------
あと、その帰りに買ったもの色々。
・『超人ロックー新世界戦隊ー』DVD
これでようやく超人ロックのDVDコンプリート。
でもDVDの劇場版『超人ロック』は画質がクソ過ぎるので、Blu-rayで買い直そうかなぁ。

・『世良公則&ツイストベスト』
これは未入手のQ盤の『MASANORI SERA』や『I am』からの曲が数曲だけ入ってたので泣く泣く買う。
だって『I am』はまだしもQ盤の『MASANORI SERA』なんてもう買える気がしないんだもん。

・悠木碧の『ボイスサンプル』
ファーストアルバムなのかな?気になっていたので買ってみた。

『星影のララバイ』考察2020年12月31日 19時20分52秒


『銀河旋風ブライガー』の挿入歌の『星影のララバイ』。
歌詞がアレだが曲(メロとアレンジ)が超カッコイイ名曲。
(歌詞も、実は「歌詞にまったく意味の無い系譜のロック」として聴くと一転して名曲に化けるという、名曲)
このアレンジ、特に山形ユキオのボーカルに呼応するかのように響く泣きのギターが凄く好きで、いったい誰が弾いてるのだろうか?と昔から気になってました。
凄腕スタジオミュージシャンなのか、もしかしたら高名なギタリストが弾いてたりするのか?
アルバムのクレジットには「演奏:アステロイド・ロッケストラ」としか書いてなくて誰だよ!? という感じだし。

そんな中、ラジオ番組『SF空飛ぶリヤカー』で『星影のララバイ』のリクエストをかけてもらえたこともあり、40年越しに調べ始めてみたらなんととんでもない事実が判明ししてしまいました!

↓↓↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=nr-HX6C44xE&feature=youtu.be

「星影のララバイ 山形ユキオ&リボルバー」
81年 TV東京アニメ 銀河旋風ブライガー エンディングテーマ
Vo:山形ユキオ G:長尾行泰 B:田沢 匡 K:小林武史 D:浜田文夫
↑↑↑↑↑
(とりあえずこのyoutubeのページに飛んで『星影のララバイ』聴いてね)

youtubeで『星影のララバイ』を探すと出てくるこのページ。
いきなり演奏者クレジットが書いてあるじゃないですか!
「リボルバー」がバンド名なのか!?
(このyoutubeチャンネルのdrumer 810というアカウントはドラムの浜田文夫さんのアカウントなのかな?)
長尾行泰さんが『星影のララバイ』のギターなのか。
はたしてこのクレジットの信憑性は?

で「長尾行泰」で検索かけるとこんな情報が出てきます。

↓↓↓↓↓
REVOLVER
http://www.ze.em-net.ne.jp/~y-dragon/revolver.html
「★長尾 行泰 1955年5月10日生まれ 神奈川県平塚市出身 
パンタ&ハルというグループを経て1981年よりリボルバーに参加。」

http://www8.big.or.jp/~hsato/revolver/yuki.html
「長尾行泰 ギター
1954年5月20日・神奈川県生まれ・牡牛座・A型
トッシュ(ハードロックバンド)のリードギタリストとしてライブハウスに出演中、パンタ&ハルに加入。1981年、パンタ&ハル解散後、リッキー&リボルバーに参加。」
↑↑↑↑↑

……え? 「PANTA & HAL」のギター!? パンタってあの「頭脳警察」の?
そんな凄い人が『星影のララバイ』のギター弾いてるの?
(2つのページで生年月日が微妙に違うのが何とも)
そして新たなキーワードのバンド名「トッシュ」。
その「トッシュ」とは。

↓↓↓↓↓
トッシュ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5
ヤットデタマンの歌(1981年タイムボカンシリーズ・ヤットデタマンの主題歌) 
メンバー
Bass : 野中”サンジ”良浩(のちにARBに参加)
Guitar : 長尾ユキヤス(のちにPANTA&HALに参加)
Drums : 松浦金時(のちにジャガーのレコーディング ライブツアー参加 六三四Musashi結成 RYUGU木下伸市と結成)
Vocal : 山形ユキオ、前田よしひろ
↑↑↑↑↑

あー、もうこれビンゴじゃないですか!!

『 ヤットデタマン』
1981年2月7日から1982年2月6日
から
『銀河旋風ブライガー』
1981年10月6日から1982年6月29日
への流れですね!

『 ヤットデタマン』のOPでは、特徴あるギターの弾き方が『星影のララバイ』を彷彿とさせてくれるので、長尾行泰さんのギターで間違い無いでしょう。
↓↓↓↓↓
yattodetaman op full
https://www.youtube.com/watch?v=9UUdNGqyQQo
↑↑↑↑↑


ところで「リボルバー」のメンバーに居る「小林武史」ってあの小林武史?と思ったら、あの小林武史さんみたいです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%A3%E7%94%B0%E9%BE%8D%E4%BA%BA

じゃぁベースの「田沢匡」って? と調べたら「ジョニー大倉&ガンスモーク」のメンバーだったみたいです。キーボードの「小林武」はきっと「小林武史」なのでしょうね。
↓↓↓↓↓
ジョニー大倉&ガンスモーク
ジョニー大倉(ボーカル)/山田義徳(ギター)/田沢匡(ベース)/ 小林武(キーボード)/酒巻章(ドラムス)
http://www.nyrf.net/php/stage.php?stage_id=st08002&nyrf_no=nyrf08
↑↑↑↑↑

「トッシュ」はトッシュでベースの「野中良浩」が、のちに「ARB」に参加してるとか、この『星影のララバイ』界隈のロック指数の高さは当時のアニソンのレベルを越えてますね。
だから今でもこんなに心に残る曲になってるのか!
と改めて感銘を受けました。

さよならバイク乗り2020年06月28日 22時35分59秒

19歳の時に初めてバイクを所有して以来34年間、何台かバイクを乗り換えては所有し続けていましたが、現在所有のCB400SFv2をとうとう手放すことにしました。
写真はバイク屋にてその最後の姿。
次にバイクを所有する予定は現在のところ無いので、バイク乗りの肩書きは一旦降ろすことになります。
悲しいですね。
みんな貧乏が悪いんや。
まぁ、ここ4年間で数回しか乗ってなかったしな。
車検に出しに行くために乗ってたようなものだったし。
(あ、田舎の母親のスクーターは私の名義に変えたんだった。バイクまだ所有してたわ)

色んなメドがついたら250cc辺りで復活できるといいなぁ。とか甘い夢も少しは見ています(笑)。

パソコン老人会2020年05月26日 10時32分30秒

さすがにmacG4は処分しようと思い始め幾年月。
ようやくさっき、2000年から2010年くらいまでのデータをコピり始めました。
昔、SCSIの13GBや30GBの外付けHDにその都度取り分けてたバックアップを寄せ集めたデータなので整理するのもめんどいため内容が重複しまくりなのにも関わらず、全部合わせても260GBしかないのね。
ちなみに2010年から2020年5月までだと3TBあります。
まぁ昔は仕事が終わったイラストの元データとか重いデータはガシガシ捨ててたってのもありますけど。

ちなみにその260GBのデータが入ってるのは360GBの外付けHD。
バス規格はIEEE 1394(FireWire)。
なのでmacPRO2008に一度コピーしてから、一括保存用の6TBに移す予定。
アプリが存在してなくて開かないデータは死ぬほどあるだろうなぁ。EGWordとか。
あと、photoshopに切り捨てられたPICTのフォーマットデータ。
G4が有る内にphotshopの5.0辺りで思い当たるPICTデータを全部psdデータに変換しておきたい。とか思い始めると……めんどくさいんだよなぁ。
そして捨てるのが先延ばしになります。

新型コロナによる緊急事態宣言解除2020年05月26日 10時30分08秒

5/25 安倍首相は記者会見で、 #緊急事態宣言 を全国で正式に解除することを表明しました。
https://twitter.com/news24ntv/status/1264845847138717697

こーゆーことを日付入りで書いておかないと。
明日には忘れてしまうので、日付を。