年納めです。2022年12月31日 21時53分07秒

年納めです。

今年はなんかもう良く無いことばかりの一年でした。

1月に唯一のレギュラー仕事である某誌から「通販商品関係のギャラを半額にさせて欲しい」との連絡を受け、3月作業分からギャラの半額が決定。
7月に某誌休刊の告知を内々で連絡をもらい10月作業分で休刊が決定。
30年近く続いていたレギュラー仕事が無くなり、ほぼ無職になりました。
某誌はwebに移行し、その存在自体は続いているので現在もお仕事は多少はいただけいます。
それはとてもありがたいのですが、減った仕事量では月の売り上げが家賃にも届かないことが多く、かといって仕事を依頼されると、新たにバイトや就職先を探す面倒さより、仕事を依頼してくれる(頼ってもらえる)という承認欲求が満たされることに甘んじてしまうので、引くも進むも出来ない身動きの取れなさに気ばかりが焦っています……というか、焦ってた頃の方がまだ良かったと思えるくらい、今ちょっとどーでもよくなってます。
これではいかんなぁ。
一応年明けて5月くらいにはひとつの結論を出さなければ。

仕事関係以外では、友人のK村くんが5月に亡くなってたと11月に来た喪中葉書で知りショックを受けました。
K村くんは私が始めて勤めたデザイン会社の後輩で、私がフリーランスになったように、彼もフリーランスのデザイナーなった、ある種、戦友のような存在。
共にバイク好きだったので、一緒にツーリングにも出かけたことが何度もあり、彼はフリーランスになった後もバイク雑誌をクライアントにしていました。
私が結婚してからは会う機会が減ってしまい、やや疎遠になっていた時期もありましたが、数年前にプロレスの招待話をきっかけに再び連絡を取り合えるようになったと思った矢先「悪性リンパ腫に罹患している」との連絡が。
「笠井信輔アナも寛解した病気だし、大丈夫だよ。元気になったらまた会おう」とコロナ禍もあり、結局は会えず仕舞いになってしまいました。
昨年末には「電話くらい掛けれる程度には復活したので」と連絡ももらっていたのですが……

有名人も数多くの方が亡くなり、もう誰が死んだのか覚えきれないくらい。
渡辺宙明先生はお歳でもありましたので仕方ありませんが、水木一郎さんが亡くなるとは。
そして、私にとっての一番の衝撃は聖悠紀先生!
ここ数年は病気療養をされて連載も休載していたので、ある程度の覚悟はしていましたが、早すぎます。
私の本棚の何割を聖悠紀先生のマンガが占めていると思ってるんですか!
思えば『超人ロック』より先に「マンガくん」誌の頃から聖悠紀先生の作品には触れているので、私は本当に聖悠紀と共に歩んで来たんですよ。
これで「トリオ・ザ・サクガ」の御三方とも鬼籍に入られてしまいました。
歳を取るということはこういうことなのですね。

ということで、
来年は何とか良い年にしなければなぁ。
「毎年1回は池林房か陶玄房には行きたいね」と奥さんに言ってた約束も守れませんでしたし。

10月15日、- Xボンバー博覧会 2022- に行ってきました。2022年10月19日 01時24分21秒

10月15日、- Xボンバー博覧会 2022- “きみはXボンバーを知っているか?”に行って来ました。
実は私、『Xボンバー』ほとんど観てないんですよ。多分中学の頃の部活とかのせいで。
なのに誘われてしまったので「むげに断るのもなー、引きこもりの人間に誘いの言葉かけてくれるだけでもありがたいし、人と会わないと物事って始まらないしなー」と思い、行くことに。
とはいえ『Xボンバー』って未だ観てないけど、作品の興味自体は結構あって、自分の中では幻の作品なんですよね。
『サンダーバード』や『新八犬伝』みたいな人形劇で宇宙SFロボット物で永井豪原作という、興味をそそる要素満載。
しかも主題歌がBOW WOWですよ。
世界進出するVOW WOWの前のBOW WOWの頃の曲。
主題歌の『ソルジャー イン ザ スペース』と『銀河漂流』は名曲すぎて、本編ほぼ観てないくせに大好きなんですよね。
まぁ、こんな展示会も二度と無かろうと、この先『Xボンバー』をいざ観た時のために、人形やプロップ展示を先に観ておくのも有りかな、てな感じで。
「博覧会」良かったです。
敵のゲルマ母艦カッコいい!
その前部から突き出た長い触覚のような棒状のいくつものアンテナ?がメカ構造の理屈としてはよくわからないけど、デザインとしての存在感がメチャクチャカッコいい! アンテナ最高。
そしてヒロインのラミア! 白いローブと腰のくびれを強調する青いドレスのデザインの、清楚な中にほんのりと見える色気のバランスが秀逸。セミロングのストレートヘアとそのつぶらな瞳の造形も相まって、今で言う萌えの原点みたいな魅力満載です(あと様々なフェチ心もくすぐられまくり)。
ほとんど観てない『Xボンバー』でキャラ名すらも忘れてましたがラミアのそのビジュアルだけははっきりと心に刷り込まれてました。ラミア可愛くて好きだったなぁ。

「博覧会」は5人で合流したのですが、お茶休憩では4人になり、その後、最後に残った私と誘ってくれたIさんと「月刊少年ジャンプ」で『Xボンバー』のコミカライズをされた蒲原直樹先生との3人で、書泉ブックタワー散策したあと飲み会へ。
書泉では51ページものXボンバー特集がある「フィギュア王 No.296」を買うことに。
8,800円(税込)の図録はさすがに買えないけど1,400円(税込)なら買える! と思えるほどに充実した特集になってます。図録買えない人には超オススメ。
蒲原先生も買ってましたよ。

新宿で『GレコV』観てきた。2022年08月08日 21時18分21秒

ちょっとやばいくらい仕事が無いので、打ちひしがれてるくらいならと『GレコV』観てきた。
5陣営の乱戦を収束させるお話になるので、どうしても『IV』ほどの爽快感がない構成になるのは致し方ない。とはいえ満足の出来。エンドロール後のシーンにはTV版含め全話観てきた人すべてが救われるので、みんな最後まで観る!(『Gレコ』予告ナレーション風)

そのあと新宿をブラついたのですが、
♪新宿ももう変わっちゃったね
僕らが知り合ったあの頃は♪
な感じで少し寂しい。
(写真は東口駅前の果物屋の百果園があったとこ。写真の構図が下手で分かりづらくてすみません。あと、とうとう新宿のジーンズメイトが!)
川村かおりの『金色のライオン』は新宿民としての心の歌です。
♪君も僕もヒッピーだった
魂の行き場を探して♪

『スーパーロボット&ヒーローARTWORKS』越智一裕画集買った2022年07月28日 17時38分49秒

さらに『スーパーロボット&ヒーローARTWORKS』越智一裕画集があったので買ってしまった。
お金ないのに、こんなに金使っていいのか?!の自問自答がすごい。でも買うしかなかったので買う。
買うしかなかったのですよ、買うしか!

7.27『GのレコンギスタIV』観てきた!2022年07月28日 17時35分43秒

新宿に用事があったので、
観に行くかどうか悩んでいた『GのレコンギスタIV』観てきた!
スゲー良かった!
どのくらい良かったかと言うと、ぶっちゃけビーナス・グロゥブのエピソードの流れは『イデオン発動編』レベル!
ストーリーは良くわからないままに勢いで押し切る様は圧倒的!
(一応TV版は観てるので私はストーリーをわかってはいますが、「わけわかんねー」印象は相も変わらず。それでもTV版よりわかりやすいし、わけわかんねーまま観ても面白いので凄い!)
地球圏に戻って来てからは五者五様の混戦模様がさらに輪をかけてわけわからなくさせるけど、TV版では終始存在感の薄かったマスク大尉が見せるその存在感!
劇場版にして敵役の面目躍如!
これはもう次も観るしかないでしょ!と、『V』を観に行けるスケジュールも立ってないのにムビチケ買ってしまうくらい良かった!
思わず劇場限定サントラCDも買ってしまいました。

映画の帰りに本屋寄ったら『CONTINUE SPECIAL Gのレコンギスタ』があったのでこれも買う。安彦良和のインタビューがすごく良かった!
もちろん富野監督のインタビューも良いですよ。

6.4『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』観てきました2022年06月07日 02時39分10秒

6月4日(土)。
『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』観に行った。普通に面白かった。
奇をてらわない演出で画力の高いテレビシリーズの中の1話という感じ。そういう意味では目新しさは無く、気持ち良く動く安彦タッチを楽しむ作品(安彦タッチの意味には『ろぼっ子ビートン』的なものも含む)。
シャープな演出の『閃光のハサウェイ』や、富野演出が行き過ぎてしまってる『Gのレコンギスタ』に比べるとクセが無く、とても普通の人向けの作り。
ファーストガンダム入門にはいいかもと思う反面、テレビシリーズの中の1話という色が強いので、ファーストガンダムのストーリーの背景を知らないとホワイトベース側のキャラの位置づけが意味不明になる演出(「アムロの扱いに手をこまねく未熟なブライト」とか/ホワイトベースは大人が存在しない鑑という説明が無かったような?とか/主人公側の細かい人間関係とか)もあるので、その辺りをある程度スルー出来る入門者でないと「?」と戸惑うかも。
初心者はむしろドアン側に立って観た方が感情移入出来るんじゃないかな。

今回『ククルス・ドアンの島』を劇場に観に行こうと思ったのは、今観ないと(円盤は買うつもりがないので、テレビ放映されるまで)観ないんじゃないかと思ったから。
このご時世、元気な方でもいつお亡くなりになるかわからないので、やっぱり安彦さんが生きている内に観てあげたいじゃないですか。

安彦良和の絵はそれはもう尊敬するほど好きなのだけど、安彦良和のマンガはどーも自分とはリズムが合わなくてコミックの『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』も本棚の容量の問題で13巻くらいで買うの挫折してます。
私の中では安彦さんはアニメーターもしくはイラストレーターなのです。

私は映画を観たら記念にパンフをほぼ必ず買うようにしてるのですが、1100円の通常盤パンフがもう売り切れてて、2500円の豪華版を買うしかなかったのがお財布にショック。仕事のギャラ半額とか言われて貧乏どうしようと悩んでるのに〜。

たまにしか外出しないので、イオンシネマで観賞後、本屋とか文具屋とかブックオフとか日用品屋とか服屋とか寄りたかったのだけど、ここは駅前にお店が全て固まってあるので、体力の無い老人には必要以上に歩き回らずに済んで楽!
本当は新宿で歩き回りながら買い物したいんですけどね。
本屋では渡辺電機(株)の『父娘ぐらし』と『パーム43』を見つけたので買いました。
渡辺電機(株)の『父娘ぐらし』はnoteで連載しててタダ読めるのでオススメですから読んでみてください。
https://note.com/w_denki/

5.20『シン・ウルトラマン』観てきました。2022年06月07日 02時31分23秒

(具体的なネタバレはしてないです、安心してください)

5月20日(金)。
仕事を抜け出して『シン・ウルトラマン』を観てきました。
普通に面白かったです。

一緒に行った、昔の『ウルトラマン』見たことない人(非オタ)にはイマイチだったようで、じゃあ何故私は楽しめたのだろう?
ウルトラマン知ってたから?
と自問してみたら、確かに「当時のテレビのウルトラマンのこのエピソードをこーゆー感じに描き直したのか」という比較の楽しさはあったのだけど、私は映画って、知らない人が観ても楽しめるのが良い作品だと思っているので、もし私がウルトラマンという物を初めて観たのが『シン・ウルトラマン』だったら?と仮定して考えてみたとき、どう思ったかと思考実験してみたら、やっぱり面白かったと思う。というのが答えでした。
何故か。
それは厨二病なオタクな部分を満足させてくれる作りだったから。
小難しい屁理屈をこねくり回してさもわかったような気にさせてくれるお話って、結局好きなんですよね。
『シン・ウルトラマン』は良くできた厨二病オタク向け作品だった。ってことだと思います。

ただ私は富野監督信者なため「オタクがオタクに向けて作品作っちゃいかん」という信念に心酔してるのでガイナックスから派生する作品群はあまり認めたくないんですが、それはまた別の話。
(てか、その手の極北である『エヴァ』が一般受けしてるのが私にはよくわからない)

『GレコIII』と「ゲッター原画展」観に行きました(1)2021年07月28日 23時02分44秒

22日からの4連休が明けたくらいで『GレコIII』と「ゲッター原画展」観に行こうとしてたら腰痛がひどくなって動けませんでした。
仕事も全然入ってこないわ、ヒマなのに観にも行けないわでかなり鬱っぽくなっていましたが、ようやく動けそうな気配になったので今日行ってきましたよ
『GのレコンギスタIII』と「ゲッターロボサーガ原画展」に!

『GレコIII』良かった!
『I』と『II』は劇場では観れなかったのでBlu-ray買って観てるのですが、『GレコIII』は劇場で観る価値あり!
新規カットと思えるザンクト・ポルトの全景やモビルスーツとの対比のスケール感がマシマシで大画面に映える!
こんなに凄く描けるなら何で全編完全劇場新作じゃないのよ!と嘆きたくなるくらい。
もう、嘆かせて。だってあんなにTVシリーズとは思えないクオリティで描かれていたハズのTVパートが見劣りするんですよ。
そういう意味ではファーストから続く正統な劇場用再編集映画な『ガンダム』である『GのレコンギスタIII』です。
ある意味、呪いですね。
入場者サービスでクリアファイルもらいました。
わーい。今回はもらえたー。


そのあと「ゲッターロボサーガ原画展」観に行きました。
内容は『ゲッターロボ アーク』の原画をベースに石川賢先生のゲッターロボの原画全般。近年の永井豪先生のゲッターロボ原画もありました。
個人的には「ゲッター・最後の戦い!5」の扉絵の原画が見れたのが良かった! カッコいいんだコレ!
石川賢先生最高!
グッズはポストカードとアクリルキーホルダーを購入。アクキーは買うつもりは無かったのに、こういう現場行っちゃうとついつい買う物を増やしてしまいます。

実は半券を捨ててしまってから欲しくなった劇場限定版Blu-ray入手のために、『閃光のハサウェイ』をもう1回観ようかな?とも思っていたけど、タイミングが合わずに断念。コロナ禍の緊急事態宣言下でなかったらきっと観てました。
もう『閃ハサ』のBlu-rayは市販版まで待ちかなぁ。

MX4D映画『とびだせ!ならせ!PUIPUIモルカー』2021年07月24日 14時25分46秒

昨日はMX4Dの映画『とびだせ!ならせ!PUIPUIモルカー』を奥さんと観に行きました。
入場者特典のモルカーボールは私がシロモちゃんで奥さんがチョコちゃん。
コロナ禍なので発声可能上映会が不可能な代わりに企画されたであろう、握るとPUIPUI音が出るモルカーボールのプイプイ可能上映会。
このモルカーボールのプイプイ鳴らす一体感が良かった。
発声可能上映会より良かったんじゃないかな。
最初はみんな適当にプイプイ鳴らしてたのが、終盤の「すべってサプライズ」の頃になるとみんな慣れてきて鳴らすリズムがぴったりそろう快感。
セッションしてるみたいですよ。
「セッションセッション!((c)篠原ともえ)」
つむぎちゃん登場のシーンではみんな「おおっ!ご先祖さまー!」とばかりにプイプイ鳴らしまくりの一体感は良かったです。

MX4Dも初体験だったのですが、揺れや風や足元のギミックは結構良かったです。光はそれほど効果的ではなかったかな?まぁ光り過ぎると画面が見えなくなっちゃうか。
水(ミスト)は結構掛かってくる感じ。位置が悪いと耳に入って来そうなくらいなのが気になりました。
最初に位置決めのテストをさせて欲しい。


初めて府中に行ったので、観光気分でたまたま大國魂神社を参拝したのですが、次の日の五輪の自転車ロードレースで大國魂神社の参道がコースになっててびっくりしました。