『スターウォーズep8 最後のジェダイ』の感想2018年01月04日 17時47分10秒

みなさん明けましておめでとうございます。

さて、唐突ですが年末に観た『スターウォーズep8 最後のジェダイ』の感想です。
なるべく避けようとは思いますが多分ネタバレ含みますので、未見の方はお気を付けください。





一番の感想は「カイロ・レンはプロレスラーの高山善廣にそっくり」。

てかもう「カイロ・レン=高山善廣説」をぶち上げてもかまわないのではないだろうか。というくらい。
今回の『ep8』はサブタイトルからしてルーク・スカイウォーカーの去就及びレイへのジェダイの世代の(韻を踏んでみました)バトンタッチに目が行きがちだけど、悪役側に目を向ければ、一足早く『ep7』で世代のバトンタッチをしたカイロ・レンの悪役としての成長譚でもあったわけですよ。
で、ほらカイロ・レン、まだ若いから。
悪落ちしてさほど間もないから。
高山で言えば「UWFインターナショナル」でチーム「ゴールデンカップス」に入った頃が悪落ちの切っ掛けなら、「全日本プロレス」に垣原と来て、ベビーフェイスで行くのかなー?と思ってたらチーム「NO FEAR」を立ち上げたばかり頃みたいなモンなんですよ。
まだまだ悩んだりなんだりで紆余曲折あるわけです。
カイロ・レン、顔に傷も増えてますます高山に似て来たわけだし、これからどんどんとイイ悪役になって行くことでしょう。

全体の感想としては、ストーリーとしては面白く見所も多かったけど『ep7』みたいなお祭り感が無かったので、そーいう意味ではトータルとしてスカッとする感じは無かったです。
まぁ『ep9』への繋ぎ——起承転結で言えば承に当たるエピソードなので——『ep8』でグッと溜め『ep9』でドーンと解放するシークエンスなので、そこはどうしても仕方ないかな〜。
ルークをああいう描き方(伝説にあらず、悩める人である)にしたのも、次にバトンを渡されるレイがルークを越えられる要素を残すために(次作以降に本当のヒーロー/ヒロインへと成長させることが出来るハードルを下げるために)、上手い方法論だと思いました。

ただ反面、スターウォーズの初期3部作の主役3人が居なくなってしまったので(レイア姫は生きてるけど、中の人が……)、その人気キャラクター不在を支えられるほどのキャラクターにレイとフィンがなり得るのか?と思うと……やっぱ、まだまだ弱い気が。
カイロ・レンも『ep8』はかなりフニャチン野郎だったので(『ep8』は成長譚だったのでそれでOKなのだけど)『ep9』では経験を生かした骨太な悪役として立ちふさがってくれれば言うこと無しです。
高山の196cmには届かないけど、189cmの長身を生かして。

ぶどうぱん2018年01月20日 08時59分17秒


昨日買った「舞い鶴」のぶどうぱん。





このパン屋さんは湯島駅の近く。

店内にはテーブルが4つくらいあって、買ったパンをその場で食べることも出来ました。

昨日はここでパン買うことだけ決めていて、お昼ごはんをどうしようと思ってたので、お店で食べれて、よっしゃラッキー!


1.19 生頼範義展に行ってきました2018年01月26日 23時21分09秒

1月19日に上野の森美術館で生頼範義展、観て来た! 
すげー良かった。はっきり言って住める! 
てか住んで1日中見ていたい。 
もうここぞとばかりに画集買いまくりですよ。 
見かねた奥さんが1冊はプレゼントしてくれました。 



んで今日、生頼範義展で買えなかった『生頼範義II 記憶の回廊』、ネット書店のhontoから届いた! 
Amazonでは1万超えのバカ高い値段になってたけど、本屋はさすが定価の4104円(税込み)。 
これで買いたかった4冊揃いましたよ! 


1.28 DDT後楽園ホール2018年01月29日 19時22分38秒

DDT観に行った。
プロレスラーの節税対策としての必要経費で落とせるものが凶器。
沙希ちゃんは「確定申告マッチ」で自分の高級ブランドバッグを経費として認めさせるべく、この試合で凶器として使います。
リング上でお買い物をしてるわけではないのです。