●祖父江慎という人2008年02月04日 00時32分14秒

TBSの『情熱大陸』という番組をたまたま途中から観た。
祖父江慎が映っていた。

私はグラフィックデザイナーとかいう仕事をやっていながら、有名デザイナーの名前をまったくと言っていいほど知らない。
興味が無いからだ。
何で興味が無いのかというと、私にとってグラフィックデザインってのは仕事でしかないから。
例えばどこかの会社の生産ラインに伝説の組み立て師が居たとして、別の会社の生産ラインの人は、それを知る由も無いだろう。当然興味を持つコトだって無い。
それと一緒の話だ。
が、そんな私でも唯一知ってる名前がある。
それが祖父江慎。

私がこの仕事をし始めじめて、ぼちぼち新人に毛が生えたくらいに思えた頃、吉田戦車の『伝染るんです』というマンガがあった。
そのブックデザイン(装丁)をしたのが祖父江慎である。
週刊連載時、その4コママンガ作品の、作品以外のスペースにちりばめられていたレイアウトデザインの「変さ」に加減に衝撃を受け、自分の仕事でも、何とか同じように「変なコト」が出来ないモノか! と試行錯誤してみたモノである。
『きくちゃんどんちゃんごきげんファミコン』のページとかで(笑)。
今思い起こせば、もしかして週刊連載のデザインをしていたのは祖父江慎では無いのかも知れない。
(単行本の方には確たるクレジットがされていたので、祖父江氏の物だと明言出来るが。ソースは私の記憶でしかないが。)
まぁ、それが間違っていたとしてもさして重要では無い。
それを機会に私が祖父江慎の名前を知った事は事実なのだから。
そして『伝染するんです』の単行本も、充分に「変」だったから。

『情熱大陸』の中で、初めて動く祖父江慎を見た。
いや、顔すら初めて見た。
見るからに「異能の人」だった。
そして痛感しました。
「やっぱり『異能の人』にはかなわないや」と。

映像の中で、祖父江氏は表紙と見返り(表紙を開いた時の内側)が表裏逆になった装丁を提示する。
製本屋は「そんな事をしたこと無い」と難色を示す。
製本の生産ラインに出向き、百冊単位の製本テストをチェックをする祖父江氏。
「やあ、コレは変でイイですね」と無邪気に喜ぶ祖父江氏の横で、とても迷惑そうな製本ラインの主任の顔が、とてもステキ過ぎ(笑)。
百冊単位の束見本(ダミー)を作るのにだって金は掛かるし、そんなイレギュラーな事をさせられたら製本の過程でミスも起こるし手間も増える。
製本屋が嫌がるのも当然である。
普通、単にハタ迷惑なだけです。
が、それをやらせてしまえるというか、それでもやれてしまえるというのは、それが祖父江慎だから。
私なんかが仮に同じ事を「やりたい」と言っても、先ず「お金と時間がありません」と取り合ってすらもらえません(笑)。

「男の子の遊びは先ずルールを決めてからその中で遊ぼうとする。それがどうにも楽しく無くてね」と言いながら、森の中で小川の川面に指を入れ、水面に出来た波紋を見て、
「ほら、このぐるぐる。綺麗ですよね。
わざわざコンピュータで作ることなんてないのに。
ここにはいっぱいあるんだから」
と無邪気に喜ぶ見た目50〜60歳くらいの小柄な男性。
それが祖父江慎。

異能に憧れてしまう時点で、自分の凡人さが身に染みます。
まぁ、かなう必要は無いんですケドね。
生きていけるだけの仕事がある自分でありさえすれば(笑)。
ああいう人達は、ああしなければ生きて行けないんだろうなぁ。

情報をいただきました2008年02月10日 00時39分56秒

今日、こんな情報をいただきました。

>ネットで見つけました。「ひろてん」。
http://www.hinai.com/watashoku22.htm

食材の商品名のようです。

とりわけネーミングの由来とか書いていないっぽいのですが、
なんでそんなネーミングなんだろう?
と考察しまくってみたトコロ、
「幅の<広い>ところ<てん>」だからなんじゃなかろうか?
という考えに落ち着きました。

はたして、どうか?(笑)

●東京マラソン2008年02月17日 15時23分58秒

今日、たまたま早起きをしたら、たまたま東京マラソンの開催日だった。
で、なんとなく見に行きました。近所だったので(笑)。

沿道に居たらスタッフらしい人が寄って来て、旗(応援用読売新聞旗)をもらいましたよ(笑)。
おお。よくテレビで見かけるコレって、こーやって配られてるモノなんだ。
初めて知った。
そんで、その旗には小さく応募券が印刷されていて<パーソナル加湿器>や<三越ギフトカタログ>などが抽選で当たるみたいです。へー。
応募なんかしないけど。

先頭集団が来る前には、警護の白バイを引き連れた大会関係者用バスとか、報道関係車両とかが通過するワケですが、
やぁ、VFR-P(白バイの車種)はカッコイイなぁ。
とか眺めててふと思いつく。
駅伝モチーフの『奈緒子』が映画化されるんだったら(とはいえ、原作も読んでいませんのでストーリーも何も知りませんが(笑))、こーゆーマラソンの運営スタッフ物語とかってのもお話になりうるんじゃなかろうか? と。
誰か描きませんかね?

とか見てると、中継車が通過し、先頭集団キター! 行っちゃったー!
……以上。
沿道でマラソン見るのって初めてなんですが……何が面白いんだろう?(笑)

や、ツール・ド・フランスとか車のラリーレースとかのテレビ中継観てて、いっつも思ってたんですよ。
テレビ中継だと、ちゃんとそのレースの全容が最後まで観れますが、沿道で応援してる人って、通過する一瞬しか観れないのに何が楽しいんだろう?と。
サーキットだと、少なくても周回数分は間の前を何回も通過するからいいけど、長距離ロードレースって、目の前を通過する1回しか見れないじゃないですか。
その一瞬を楽しむモノなんすかね?
まぁ、タダだしそれでもいいのかね?(笑)

続いて第二集団。
あれ? なんか男ばっかだな?
東京マラソンて男子ダケなの? マラソンって男女混合で走るモンじゃ無いの?(←興味が無いのでよく知らない)
あ、そーいえば国際女子マラソンとか言うしな〜。
マラソンって、てっきり男女混合で走って男子の部・女子の部でそれぞれの順位を付けるモンだと思ってましたよ(笑)

段々と目の前を通過する集団の人数が増えて行く。
片側2車線がランナーの波で埋まる。
この頃からボチボチ変な格好の人が目に付き出す。
ゴミ袋みたいなでっかいビニール袋をポンチョのように着て走ってる人が、結構いっぱい。
アレは何なんだろう?と思って見てた所、どうやら出走前に防寒用に支給された物っぽく、走って暑くなったのであろう人が、脱いだソレを沿道のサポートスタッフにランナーの人達が渡してた。
なるほどなー。

で、さらに変な人が増え始める。
帽子の上にぬいぐるみ乗せて走る人とか。
あ。あの人『おじゃる丸』のキスケを乗せてる。
この頃になると片側2車線だけでなく、対向車線まで含めた都合4車線分がランナーの波で埋まり出す。
どうやら市民ランナーの集団が来始めたようだ。
おお。さすがに市民ランナーは男女混合で走ってるのね。
で、変な人ってのは、
親子(おじいさんとその娘風)でミッキーとミニーの扮装をしてる人とか、刀持った忍者の格好して走ってる人とか(刀が邪魔だろうに)、戦隊ヒーロー風のマスクと全身タイツで走ってる人とか、馬の被り物(馬の首の部分に人の顔が来るアレ)で走ってる人とか、スパイダーマンのマスクだけの人とか、タイガーマスク(基本ですね(笑))の人とか。
世の中バカばかりです(笑)。
昨今の萌えブームがあるから、もしかしてメイド服で走ってるバカとかまで居るかな〜?と探してはみましたが……さすがに居ませんでした(笑)。
まぁ、あの格好じゃさすがに走り辛いでしょうからね。
(全部は見てないので、もしかしたら居たかもしれませんが)

で、マラソン観戦の楽しみ方がこの辺りでようやく解りました。
「そうか、要はお祭りと一緒なワケね」

てな感じで、素人集団の方が見てて楽しいのですが、そう言えば「全員がスタートし終わるのに30分はかかる」とかテレビで言ってたような気がしたので、30分程見た所で、あまりの寒さにとっとと帰って来てしまいました。防寒対策も全然せずに出掛けてたし。
みんな、この寒いのにがんばるなぁ。

参加申請出来なかったのか、交通規制されてる車道では無く、一緒になって歩道を走る人とかも数名居たりして「ああ、居るんだこーゆー人も」とか思ったり。

てな感じでとっとと家に帰った後は、東京マラソンの中継を観るワケでも無く、『スパロボOG外伝』の2周目をプレイ(笑)。
で、誰が勝ったんですかね? 東京マラソン。

●確定申告終了〜2008年02月25日 16時23分19秒

確定申告終了〜。
コレでようやっと、年明けしてからの「仕事以外でやらなきゃならない事」の最低ラインが一通り片付きました。
(やらなきゃならんコト自体はまだまだ山程あるが。とりあえず当面という意味で)

んで、毎度思う税務署の怠慢。
ん〜と、怠慢つーか何て言うか、ひどさ加減。
年々劣悪になって行く気がします。

先ずひとつ。
信じられないモノを見ました。

オレは毎年下書きくらいを自宅でまとめといて、税務署に行って清書してるんですよ。
記入ミスすると、自宅だと書き直すのが死ぬほどめんどくさくなるので。
それに最近では、税務署に行けば自動計算してくれる機械があるしね。
と、思って税務署に行ったら、その機械が無い。
あるのはWinが走るノートパソコンが10台程(+それを説明する補助スタッフ)。
どうやら今年からはノートパソコンがその確定申告書作成専用機に取って変わったようである。
……おいおい。
あの機械、導入されたのって2〜3年前じゃなかったっけ?
アレって、ハード自体もオリジナル設計だったから、多分システム構築も含めるととんでもない額を使ってるような気がするんですケド?
もしかして、たった2年で廃棄ですか?
減価償却もして無いんじゃ?
ソレって、どんだけ無駄遣いダヨ!!
信じらんねー!!!
ヒトの税金何だと思っていやがるんだーーーー!!!
結局パソコンで作成する事になるなら、始めからソッチでシステム作っておけよ!!
ソッチの方がハードを作る金(発注・制作・搬入・維持等各種費用)が一切かからなくて済むじゃん。
大体がネットで確定申告出来る「e-tax」の制度って、あの確定申告書作成専用機が導入されるのと同じ頃に出来てなかったっけー!
だったら最初の企画から、そーやっておけばいいじやん!!

びっくりするほどの無駄遣いを目の当たりにしましたよ。
オレはてめーらのそんな無駄遣いの為に税金払ってるんじゃねえ!!

で、そのノートパソコンの前に座る。
「コレって『e-tax』ってヤツですか?」
「いや、コレは『e-tax』じゃ無いんですよ」
「は?」
ノートパソコンで処理するから、オレはてっきりインターネットで確定申告が出来る「e-tax」とかいうのを税務署でも出来るようにしてたのかと思ったら、税務署にあったノートパソコンに入ってるソレは「e-tax」とは別の似て非なるシステムらしい。
ココでまた「はぁ?」ですよ。
だって「e-tax」とかいうヤツを使えば、全国どこからでも確定申告出来るんでしょ?
パソコン使うならそれにログインすればいいダケの話じゃん。
なんでわざわざ別のシステム作る必要があんの?
その別システム用にだって開発費がかかるんでしょうに!!
全部まとめて「e-tax」で済ませちゃえばいいじゃん!!
……なんでそんな子供でも思い付くコトが解らないで、無駄にシステム作りまくるんだろう?
いったいその別システムに開発費いくらかけてんダヨ!!
無駄遣いの典型ですよ?
オレはてめーらのそんな無駄遣いの為に税金払ってるんじゃねえ!!
しかもそのノートパソコン、付いてたマウスが今時トラックボール式だったんですが(光学式マウスでは無いって意味ね。や、トラックボール式の方がポインタ飛びが無いからそれ自体は全然否定しませんよ。好みの問題だと思ってます)、下部にあるボールを止めてるフタがバカになってしまっていて、動かす度にボールがマウスが外れて転げ落ちるんですよ。
だからマウスを持ち上げないように滑らして使うしかない。
おいおい勘弁してくれ〜。
そんな無駄なシステムに金掛けてないで、マウスの1コくらいちゃんとしたモン買えよ!!!
いったいマウスが何個買えると思ってんだ!!!

信じられませんよ。ホントに。

さらによくワケわかんないのは、「e-tax」だといつも確定申告書に添付してた源泉徴収票やら各種保険料の控除証明票を添付しなくてもいいらしいですね。
何で?
(まぁ、別口で郵送してくれ。なんて話になったら利便性を売りにしてる「インターネットで全て出来る」コトにはならないし、郵送された物とデータとを突き合わせなきゃならなくなるんで、逆に手間がべらぼうに増えるコトは目に見えている。ってのは解りますが)
だったら窓口受付でも、そんな添付票なんて必要無いってコトじゃん。
何で差別されなきゃいけないの?
(今回、税務署のパソコンのシステムで作業したとき、ちゃんと「データ送信」という形で申告内容をネット送信してるんですよ。でもそれとは別にそのデータをプリントアウトした物を窓口提出してるのね。で、その時に手書きの時みたく添付票関係も提出を求められました)

「e-tax」だと添付票が不必要で窓口提出だと添付票が必要になる法的根拠を誰かオレに教えてください。
わざわざ窓口に出向いてる方が不利になる(だって「e-tax」の方が色々ごまかせるってコトになるじゃん。添付票提出しなくていいならさ)って、どーゆーコトよ?
またココでも正直者がバカを見るってヤツですかね。

んで、トドメ。
そのパソコン作業ではしきれない用紙の清書記入関係をしようと記入コーナーにおもむいたトコロ……イスが無い。
立ち飲み屋ならぬ「立ち記入コーナー」ですよ。
去年まではちゃんとイスに座って書けてたじゃん!!
アレだとお年寄りとか足の悪い人達はどーしろっていうのさ!
立ちっぱなしで落ち着かないから、プリントアウトした物の突き合わせ確認も出来ないじゃんか!!
不親切極まり無いにも程がある!!
どーせ、申告用紙作成の方はみんなパソコンでやらせちまえばいいから、記入所なんかにイスはもういらねーや。とかそんな考えでやってるんだろーけどさ。
その考え方が気にくわねー!
コッチは税金を納めに来てやってる客だっつーの!!
てめーら、オレらの税金で食ってんだろーが!
パイプイスくらい用意しやがれ!
いいかげん、役所はサービス業だっつーコトを自覚しろってーの!!
コレじゃ税金納める気も無くなりますよ?

税務署が率先して気分よく住民に確定申告出来るようにしてくれれば、自然と納税率も上がる。って、何でそーゆー風には考え無いでしょうね。
コレだからお役所ってヤツは。